ちゅらゆくるの成分をチェック!安全性は大丈夫?

ちゅらゆくる関連情報

ちゅらゆくるは「寝る前のワンステップケアでシミ対策ができる」と口コミサイトでも評価の高い商品です。

しかし、効果があるとなると強い成分が入っていて副作用があるのでは?と心配になる方も多いのではないでしょうか。

当ページではちゅらゆくるの成分を調査し、副作用の危険性はないのか、毒性の強い成分は配合されていないかを紹介したいと思います。

敏感肌などで肌への影響が心配という方は是非チェックしてみてくださいね。

全成分をチェックしましたが危険な成分はありませんでした

結果から言うと、ちゅらゆくるには危険な副作用ありませんし、毒性の強い成分も配合されていません

ちゅらゆくるは「医薬部外品」です。

医薬部外品とは、厚生労働省からある一定の効果が確認されていると認可を受けている有効成分が配合された化粧品のことを指します。

また、それと同時に危険性や、強い副作用がある成分は有効成分として認められないので有効成分は安全性が高く安心して使用することができます

また、有効成分以外のその他の成分に関しても、化粧品として使うことができる成分は厳しく管理されている為、安全な成分のみ使えるような制度の下、製造されているので、副作用が起きにくくなっています。

2種類の有効成分の安全性や働きについて

ちゅらゆくるには

  • トラネキサム酸
  • グリチルリチン酸ステアリル

という2種類に有効成分が配合されています。

1.トラネキサム酸

トラネキサム酸は「メラニンの活性化をブロック」するはたらきをします。

その活性化をトラネキサム酸は抑えてくれるため、メラニンの生成を未然に防ぎ、美白効果も期待できる成分なのです。

また、美白化粧品以外にもニキビ対策のスキンケア用品など使用歴も長く、安全性が確認された副作用も起こりにくい成分です。

2.グリチルリチン酸ステアリル

マメ科の植物カンゾウから抽出されたエキスから作られる「グリチルリチン酸ステアリル」には「炎症を抑え潤いを満たす」はたらきがあります。

また、10年以上の使用歴があり、皮膚刺激性や皮膚感作性(アレルギー反応)も低いので安全性も高く副作用の心配は低いです。

ただし、アレルギーや化粧品かぶれには注意

肌質は千差万別なので、化粧品やコスメの原材料との相性も当然あります。

もしも相性が悪く、痒み、赤み、ヒリヒリなどのアレルギー反応や化粧品かぶれを起こしてしまった方は、すぐに使用を中止して皮膚科がある病院の先生の診察を受けてください。

アトピーをお持ちの方や、過去に肌トラブルを起こしたことのある方は、皮膚科の医師に相談してから使用するようにしましょう。

肌トラブルが心配な方は、腕の裏など目立ちにくい部分でパッチテストをしてから使用してみてくださいね。

ちゅらゆくるには贅沢美容成分もたっぷり

ちゅらゆくるには有効成分の他にも美容成分がたくさん配合されており、「美白・ハリ」をサポートしてくれます。

3つの贅沢成分

ちゅらゆくるには

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • プラセンタ

の3つの贅沢な美容成分が配合されています。

効果としては、シミ対策に重要とされているターンオーバーのはたらきを整えます。

また、総合的な美肌をつくるサポートをしてくれる成分となっています。

6つの植物成分

さらにちゅらゆくるには健やかな肌を育てために6つの植物成分が配合されています。

  • アルピニアカツマダイ種子エキス
  • カッコンエキス
  • プルーン酵素分解物
  • ボタンエキス
  • キウイエキス
  • チピンエキス

どれも副作用が少ない安心な植物由来のエキスとなっています。

また、実際にちゅらゆくるを管理人が使って感じた効果や口コミは下記のページで紹介しているので参考にして下さい。

ちゅらゆくるの効果や口コミ

タイトルとURLをコピーしました