寝る前のスキンケアはとっても大事

ちゅらゆくる関連情報

女性が気になっている美容として上位にあがるのが肌のケアですよね。

そのなかでも寝る前のケアはとっても重要だといわれています。

就寝前のスキンケアを疎かにしてしまうと後々肌の状態が崩れてしまうという事もあるので注意です。

寝る前のスキンケアで大切なのは乾燥を防ぐこと

寝る前のスキンケアで大切なことは「寝ている間の乾燥を防ぐ」ことです。

肌内部の乾燥は『肌のバリア機能の低下・肌荒れ・くすみ・乾燥ジワ』など様々な肌トラブルの原因になってしまいます。

特に就寝中はお肌が成長、修復するための大切な時間です。寝る前にきちんと肌を保湿する事は美肌作りをする上でとっても大切です。

就寝中は美肌を作る大切な時間帯

人は睡眠中に脳下垂体から成長ホルモンを多量に分泌します。この成長ホルモンはターンオーバーを促してくれています。

ターンオーバーを説明した図

ターンオーバーとは表皮内の古い角質細胞が新しい肌細胞へと生まれ変わることを言い、ターンオーバの作用がしっかり働くことで常に肌細胞が健やかでキレイな状態で保たれるので、シミやそばかすの原因であるメラニンも排出されやすくなります。

しかし、肌が乾燥しているとターンオーバのはたらきは低下してしまします。

そのはたらきを助けるためにも寝る前の保湿は大切なのです。

朝起きて肌が乾燥している方は寝る前の保湿が足りていないサインなので注意が必要です。

ちゅらゆくるを使ったナイトケアがオススメ

寝る前の保湿でおすすめなのがナイトクリームです。

ナイトクリームとは、お風呂でのケアとは別に寝る前に塗るクリームのです。

ちゅらゆくるは塗って寝るだけでシミ対策ができるとSNSで話題になっている商品です。

さらに、ちゅらゆくるは

  • すでに有効性が検証済みの医薬部外品
  • シミ対策に重要な有効成分「トラネキサム酸」「グリチルリチン酸ステアリル」配合
  • 美白、ハリをサポートする「ビタミンC」「アルブチン」「プラセンタ」の成分配合
  • 効能評価試験済み

と効果が認められているので、安心して使用できる商品となっています。

睡眠の時間も大切ですが質も大切

もちろん睡眠時間は大切ですが、睡眠時間を多くとれば良い睡眠というワケではありません。

適切な睡眠時間に加えて「睡眠の質」に着目する事も重要です。

では睡眠の質を高めるためにはどんなことに気をつければいいのでしょうか?

睡眠時間をとっているのに疲れが取れない、寝つきが悪い人は睡眠の質が低い可能性が高いといわれています。

質の高い睡眠をとることで成長ホルモンが沢山分泌

成長ホルモンと聞くと、子どもだけではと思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、大人にとっても成長ホルモンの分泌はとても大切なのです。

成長ホルモンには成長だけでなく

  • 代謝をあげる
  • 疲労回復
  • 美肌をつくる
  • 発毛

などにも関係しているといわれています。

成長ホルモンは深い眠りの状態で、たくさん分泌されるため、美肌を目指すためにも質の良い睡眠はとても重要だということがわかります。

寝る前に注意したい行動

寝る前に控えた方が良い行動を集めてみました。深い眠りにつくために無意識に下記の行動をしていたら注意しましょう。

寝る前にスマホやPCを見ない

寝る前に布団の中でスマホを見ている人多いのではないでしょうか?

しかしそれは睡眠の質を低下させてしまうためNGです。

スマホやパソコンからはブルーライトという光が放たれています。

ブルーライトは太陽の光と似た性質のため脳が昼間だと認識してしまうことがあるためです。

そのため体内時計が狂ってしまい寝つきが悪くなる原因となるのです。

なるべく寝る2時間前にはスマホなどは見ないようにしましょう

夕食は就寝の3時間前までに済ませましょう

質の良い睡眠をとるためには夕食を寝る3時間前までに済ませておくことが大切です。

胃は寝ている間も食べ物を消化するためにはたらきます。

そのはたらきにより、深い眠りにつきにくく浅い眠りになってしまうのです。

満腹になると眠くなるということはありますが、その作用で寝てしまっても睡眠の質はよくないといわれています。

そうならないためにも食事は時間をかけてゆっくりと食べましょう

寝る前のカフェインやアルコールは控える

アルコールのは寝つきをよくする効果はあるのですが、アルコールを分解する作用により、深い睡眠ではなく浅い睡眠が長時間つづくといわれています。

また、アルコールを飲むことでトイレが近くなったり、のども乾くので夜中に目覚めることも多くなります。

寝る前は適度な量のアルコール摂取が睡眠のためには良いでしょう

また、寝る前のカフェインの摂取も注意が必要です。

カフェインは交感神経を刺激する作用があります。

睡眠は副交感神経のはたらきが必要なのですが、交感神経が活発になってしまうとはたらきが弱くなってしまうため寝つきが悪くなってしまいます。

カフェインの効果は4時間は持続するといわれているので、コーヒーなどを飲むさいは時間に注意が必要です

コーヒー以外にも、紅茶や栄養ドリンク、たばこにも含まれているので気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました